エネファームのしくみ

    • おうちの小さな発電所
      水素の分子「H」二つと酸素の分子「O」が組み合わさると「H2O」つまり水になり、この時電気が生まれます。この仕組みを利用したのが燃料電池「エネファーム」です。LPガスの中の水素と空気中の酸素を化学反応させて、電気を取り出します。
      また、この時に出る熱を捨てずにお湯を作り給湯に利用します。エネルギーを有効活用するので省エネにも大きく貢献します。水素と酸素が握手して電気ができた!
    • 燃やさずに電気とお湯を作るからCO2を減らせます。
      エネファームを使うことで、ご家庭のCO2排出量を減らすことができます。いままでのシステムと比べるとCO2は年間で約1.1トンも減らせます。これは約2,000㎡の森林が1年間に吸収する量に匹敵します。燃やさずに電気とお湯をつくるからCO2を減らせます。
    • 発電と同時にお湯ができるから、「もったいない」がありません。
      電気を使うと、どんどんお湯ができ、魔法瓶のような貯湯槽に貯まります。このお湯は、発電時の熱を利用して作ったもの。このお湯をお風呂や給湯、床暖房などに活用するから、贅沢なほど快適なのに「もったいない」がないんです。エネルギーを作る場所と使う場所が一緒なので送電ロスがなく、マイホーム発電ならではのエネルギーの有効利用です。発電と同時にお湯ができるから、「もったいない」がありません。
              発電した電気を使えば・・・

発電と同時にお湯ができるから、「もったいない」がありません。

          貯湯槽にお湯がたまって・・・

発電と同時にお湯ができるから、「もったいない」がありません。

          とっても快適なのに、もったいなくない!

家庭用燃料電池「エネファーム」があれば、一台で「創エネ」+「省エネ」+「快適」+「安心」な暮らしが送れます。

安心・快適な暮らしのために』新潟県十日町市 住宅関連の補助事業 – 新潟県十日町市UIターン情報サイト